指輪の選び方

ブライダルリングとエンゲージリングを選ぶ時、少しだけシチュエーションが異なります。ブライダルリングは2人で選びに行きますが、エンゲージリングは男性から女性へのサプライズとしてプロポーズの時に渡すので、男性が1人で買いに行くというケースが多いです。

エンゲージリングしかし男性が女性の好みをしっかりと把握しておかないと、万一選んだエンゲージリングが彼女の好みとかけ離れたものだった時、せっかくのプロポーズが台無しになってしまう可能性があります。エンゲージリングというのは、女性にとって特別なものです。男性もかなり奮発しますので、気軽に買える金額ではありません。せっかく選んだエンゲージリングを彼女が気に入ってくれなければ、結婚できない可能性も出てきます。

サプライズを重視すると、彼女に内緒で買いに行く必要があります。こういう時は事前に彼女の好みを確認しておきましょう。友達にさりげなく聞いてもらうのもいいかもしれません。サプライズにこだわらないのなら、一緒に選びに行くことができます。最初はルースで購入し、彼女好みのデザインをオーダーするという方法もあります。エンゲージリングは、出来るだけ女性の好みや希望を取り入れてあげましょう。

Pocket

指輪の相場は?

ブライダルリングとエンゲージリングでは、意味も違いますが価格も違います。エンゲージリングには宝石をあしらったものを選びます。男性から女性にプロポーズする時に渡すので、多少相場も高くなります。一昔前は、給料の3ヶ月分が相場とされていましたが、現在は給料の1ヶ月分の指輪を選ぶ人が多くなっています。もちろん経済的余裕があれば、給料の1年分、2年分というケースもあります。
ブライダルリングブライダルリングは、夫婦となった証として指にはめます。夫婦でお揃いのデザインを選びますので、2本必要です。エンゲージリングは男性から女性へ、ブライダルリングは2人でお金を出し合って買うのが一般的ですが、どちらも男性がプレゼントすることもあります。

ブライダルリングの相場は、エンゲージリングの3分の1~4分の1となっています。2本で1組ですから、値段も2本分かんがえておかないといけません。また普段の生活でも身に付けるので、あまり派手なデザインは選ばず、シンプルなデザインを選びます。小さいダイヤモンドをあしらったデザインなどもありますが、一般的には装飾や宝石のないシンプルなものを選びますので、価格もそれほど多くはかかりません。

ちなみに、婚約指輪の販売を行っている“ガラ”では、婚約指輪と結婚指輪の両方が購入ができます。3点セット20万円販売し、すべてプラチナ素材です。このようなセット販売を行っているところであれば、今後の結婚に向けての予算などもたてやすいでしょう。

20万円の予算では、国内ブライダルリング専門ショップでは婚約指輪か結婚指輪のどちらか1点しか手に入りませんが、メーカー直営のガラ、なら婚約指輪と結婚指輪の両方が購入できます!

リーズナブルなラインも豊富ですから、予算に合わせて選べます。あ

指輪の選び方

Pocket

エンゲージリング

エンゲージリングはブライダルリングとは違います。ブライダルリングは結婚指輪ですが、エンゲージリングは婚約指輪です。エンゲージリングは、男性が女性にプロポーズする時に、プロポーズの言葉と一緒に手渡すのが一般的です

エンゲージリングエンゲージリングには宝石をあしらったデザインが選ばれます。宝石に決まりはありませんが、ダイヤモンドが定番となっています。デザインやダイヤモンドのクオリティによって、価格は大きく変わりますが、ブライダルリングよりもエンゲージリングに費用を掛ける傾向があります。

エンゲージリングの由来は、古代ギリシャにあると言われています。昔はダイヤモンドではなく、鉄の輪を男性から女性に贈っていました。左手薬指は心臓と血管がつながっていると考えられており、愛を誓うために心臓に繋がっている左手薬指に輪をはめたのです。それが時代の流れとともに、形を変えいつしかダイヤモンドが定番となっていきます。

ダイヤモンドには純愛や変わらぬ愛という、宝石言葉があります。世界中で一番硬い宝石ですから、変わらぬ愛を誓うにはピッタリなのです。ただし絶対にダイヤモンドでないと行けないという決まりはありませんから、女性の誕生石を選ぶこともできます。

指輪の相場は?

Pocket

ブライダルリングとは?

ブライダルリングというのは、結婚指輪のことです。結婚して夫婦となったという証に、男性と女性がそれぞれ同じデザインの指輪を左手薬指にはめます。仕事中に指輪をしていられない場合や金属アレルギーで指輪がはめられない場合を除いては、一生肌身離さず身に付けます。

大抵の場合は、ブライダルジュエリーを扱っている店か、結婚式場の中にあるジュエリーショップで選びます。ブライダルフェアに参加すると、ブライダルリングを安く購入したり、サイズ直しが無料になったりという特典があります。普通のジュエリーショップでも、ブライダルリングを扱っている店はありますし、今はネットでも購入できます。

ブライダルリングブライダルリングというと特別な指輪になるため、価格が高いイメージです。実際には有名ブランドのブライダルリングでも、リーズナブルなラインは増えていますので、予算に合わせて選ぶこともできます。

既製品で気に入ったデザインが見つからない場合は、オーダーメイドや手作りという方法もあります。オーダーメイドや手作りは、他とデザインが被らないので、世界に2人だけの完全オリジナルブライダルリングを作ることができます。オーダーメイドの場合、多少価格は高くなりますが、オリジナルにこだわるならいいかもしれません。

手作りは安っぽいイメージを持たれがちですが、リーズナブルな価格でもクオリティの高いブライダルリングが作れます。2人でデザインを考え作るので、特別なものになるのがポイントです。

エンゲージリング

Pocket